Go to Contents Go to Navigation

FTAで米国自動車の韓国販売50%増=米商務長官

記事一覧 2013.07.24 08:56

【ワシントン聯合ニュース】米国のプリツカー商務長官は23日、昨年3月の韓米自由貿易協定(FTA)発効以降、韓国市場で米自動車の販売が大幅に増えたと強調した。

 プリツカー長官は同日、米国の輸出促進コンファレンスで行った演説で、米政府が積極的に貿易協定を推進していると説明し、代表的な成功事例として韓米FTAを挙げた。

 韓米FTAにより韓国市場で米自動車販売がほぼ50%程度増えたとし、オバマ政権は今後、環太平洋連携協定(TPP)体制の発足を積極的に推進するとした。

 オバマ政権は米国の経済回復と雇用創出のため、TPP締結を積極的に推進している。特に、日本のTPP参加を促している。日本政府は23日に初のTPP交渉に参加した。米国、日本など12カ国は年内にTPP締結を目指しているが、各国の利害が複雑に絡んでおり、見通しは不透明だ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。