Go to Contents Go to Navigation

慰安婦象徴の少女像設置 菅官房長官が遺憾表明

記事一覧 2013.07.31 16:53

【東京聯合ニュース】日本の菅義偉官房長官は31日、旧日本軍による従軍慰安婦の悲劇を世界に知らせる「平和の少女像」が米ロサンゼルス近郊のグレンデール市に建てられたことについて、遺憾を表明した。

 菅長官は同日の記者会見で、日本が同市の市長や市議会に対し少女像の設置を見直すよう求めてきたとした上で、「慰安婦問題は政治問題、外交問題にさせるべきではないという基本的な考え方の中で、今回の設置はわれわれの考え方と相いれない。少女像設置は極めて残念だ」と強調した。

 hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。