Go to Contents Go to Navigation

福島原発汚染水流出 政府に積極対応要求=韓国市民団体

記事一覧 2013.08.11 15:23

【ソウル聯合ニュース】日本の東京電力福島第1原子力発電所で放射性物質を含む汚染地下水が海に流出している問題で、韓国の76の市民団体などでつくる「核なき社会に向けた共同行動」は11日、政府ソウル庁舎前で記者会見を開き、政府の積極的な対応を求めた。

 団体は「放射能汚染の拡散による国民の不安が深刻な状況」と強調。その上で、「しかし政府はこれを『怪談』と見なしている」と批判した。韓国政府はインターネット上で「日本の国土の半分が高濃度の放射線に汚染された」など、放射能の汚染に関するうわさが広がっていることを受け、「放射能怪談」の根絶に努める方針を示している。

 団体は韓国政府が2011年、周辺国の放射性物質流出事故に備えたマニュアルを作成したが、危機警報を発令しないなど、職務を放棄していると非難した。マニュアルによると、福島第1原発の汚染水流出は「注意」か「関心」に当たる事案と主張。発令に応じ、気象庁や保健福祉部など関係機関が対応すべきだが、政府は「対岸の火事」と思っていると指摘した。

 また、「福島原発事故の影響でいつ、どれくらい大きな被害が出るのか分からない。今回の事故だけでなく、周辺国で起こり得る原発事故について徹底的に備えるべき」と提言した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。