Go to Contents Go to Navigation

開城団地の南北共同委 設置協議順調に進む見通し 

記事一覧 2013.08.20 15:02

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は20日、北朝鮮が前日に送ってきた「開城工業団地・南北共同委員会の構成および運営に関する合意書」の草案について、韓国側の案と大きく違わないと明らかにした。草案を補完したものを北朝鮮に送り返し、書面をやりとりしながら協議を進める考えだ。

 南北は操業中断が続く開城工業団地の再開に向け14日に行った7回目の実務協議で、団地の発展的正常化を推進する機関として共同委員会を構成することで合意した。構成案をめぐる意見の相違が少ないことから、委員会設置に向けた協議はスムーズに進むとみられる。

 一方、開城工業団地に入居する韓国企業は22日から、現地の生産設備を点検するため開城を順次訪問する予定だ。統一部当局者は、今回の訪朝は南北間で合意済みのため、人数や車両台数などに制限を設けない方針だと伝えた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。