Go to Contents Go to Navigation

売春グループ摘発 日本など海外にあっせん=韓国

記事一覧 2013.08.21 11:51

【釜山聯合ニュース】韓国の釜山警察庁は21日、日本やオーストラリア、台湾、米国など海外で売春した容疑で47人の女性を立件し、売春あっせん業者やブローカーの男など5人を逮捕した。

 これらブローカーは飲食店で働く女性従業員らに近づき、短期間で大金を稼げるとして海外での売春に勧誘した。現地の業者からは1人当たり100万ウォン(約8万7000円)~150万ウォンのあっせん料を受け取った。

 売春した女性の多くが20代半ばから後半で、元芸能人や現役モデル、留学生や主婦などもいた。海外に行くのを尻込みした場合には、事前に口裏を合わせた占い師のもとへ連れて行き、海外に行くよう誘導するなどした。警察は占い師や海外の売春業者らも立件した。

 飲食店従業員だったある女性は昨年1月に日本に渡ったが、健康を害して売春ができなくなり、高利の前受金を返済できず、旅券を取り上げられたままへき地に売られていったという。警察の捜査により、数カ月ぶりに帰国することができた。

 警察は、これまで日本での売春が多かったが最近はオーストラリアや米国、欧州などに広がっているとみて、国内外のブローカー対する捜査を拡大している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。