Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 欧州家電市場でシェア拡大

記事一覧 2013.08.21 12:42

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は21日、上半期に欧州市場で同社の生活家電製品の好調が続いたと明らかにした。

 同社は上半期に欧州冷蔵庫市場でシェア11.3%を獲得しトップに立った。昨年にシェア9.8%で3年連続1位を達成したのに続き、4年連続でトップを記録した。

 同社は断熱材を使用し省エネを実現したほか、部品サイズを縮小し冷蔵庫内の空間を広げた新製品が現地の消費者から好評を得たと説明した。

 洗濯機もバブル洗濯技術で省エネ性能を高め、洗練されたデザインが現地で受け入れられた。

 同社のドラム式洗濯機は上半期の欧州市場で売上高が前年同期比49%増加した。これが追い風となって今年6月には現地の洗濯機市場でシェア3位に上がった。

 また、電子レンジでも上半期にシェア16.8%を記録し5年連続首位に立った。欧州市場をターゲットにした新製品の電子レンジは赤外線調理センサーで熱を食材に伝える加減を調節し、おいしく調理できる。内部は抗菌セラミック加工が施されている。

 同社は来月6日にドイツ・ベルリンで開かれる欧州最大の家電見本市「IFA」で、欧州向けの新製品を公開する予定。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。