Go to Contents Go to Navigation

統一教会の日本人信者 体に火つけ2人重体=韓国

記事一覧 2013.08.22 20:37

【加平聯合ニュース】22日午後4時ごろ、ソウル近郊の京畿道加平郡にある世界基督教統一神霊協会(統一教会)の施設で、日本人女性信者が自身の同行者の日本人男性牧師にシンナーをかけて火をつけた。2人はやけどを負い重体。また、隣にいたもう1人の日本人女性に火が燃え移り、中度のやけどを負った。

 警察と消防当局によると、3人は50代で、23日に開かれる同教創始者の故文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の1周忌追悼行事に出席する予定だった。事故直後、3人は施設近くの病院に運ばれ、重体の2人はソウルの別の病院に移送された。

 警察は、火をつけた女性がうつ病の症状を見せている点などから、宗教問題による事故ではないとみて、詳しい経緯を調べている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。