Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子会長が退院 しばらく自宅で休養

記事一覧 2013.08.23 12:49

【ソウル聯合ニュース】肺炎のため入院していたサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が23日、退院した。

 風邪が肺炎の症状を示したため医療陣の勧告で10日間ほど、ソウル市内のサムスンソウル病院に入院していた。

 李会長はしばらくソウル市内の自宅で休養を取り、来月7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催される国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席を皮切りに対外活動を再開する見通しだ。 

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。