Go to Contents Go to Navigation

韓米国防相が会談 統制権移管延期めぐり意見の相違も

記事一覧 2013.08.28 16:47

【バンダルスリブガワン聯合ニュース】韓国国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官とヘーゲル米国防長官は28日、ブルネイで会談し、有事作戦統制権を韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍へ移管する時期の再延期問題を協議したが、一部で意見の相違があったようだ。

 両国は今会談で再延期問題に対する結論を出さず、今後も国防当局間の実務協議を続けることで合意した。

 金長官は会談後「移管の再延期に合意したか」との質問に、「その必要性については互いに認めている部分もあり、意見が異なる部分もある。今後も協議が続けられるだろう」と答えた。

 再延期問題に結論を出すため、韓国青瓦台(大統領府)の金章洙(キム・ジャンス)国家安保室長(閣僚級)が10月2日の韓米定例安保協議(SCM)の開催に先立ち訪米する見通しだ。韓米が移管時期の再延期に合意した場合、両国防長官がSCMでこれを発表するものと予想される。

 一方、両国防長官は会談で、北朝鮮の核脅威について集中的に協議した。金長官は、北朝鮮の核は韓国国民の生存問題と直結しているため、両国の共同対処策が必要だと米国側に伝えたとされる。

 韓国政府は北朝鮮の核・ミサイル脅威が増していることなどを挙げ、有事作戦統制権の移管時期を当初の2015年末から延期するよう米国側に提案している。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。