Go to Contents Go to Navigation

韓国空軍訓練機が光州で墜落 操縦士2人死亡

記事一覧 2013.08.28 17:17

【光州聯合ニュース】28日午後2時過ぎ、韓国南西部、光州市の空軍部隊付近の水田に高等訓練機T50が墜落し、搭乗していた空軍第1戦闘飛行団所属の少領(少佐)2人が死亡した。

 1人はパラシュートで脱出しようとして水田に墜落して死亡し、もう1人は機体から遺体で発見されたという。2人とも経歴10年以上のベテラン操縦士だった。

 訓練機は飛行訓練のため離陸してから約8分後、滑走路の東1.6キロの地点に墜落。機体は真っ二つになり、炎上した。T50の墜落事故は今回が初めて。

 空軍は現場への立ち入りを禁じ遺体と機体を回収するとともに、正確な事故原因を調べている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。