Go to Contents Go to Navigation

朴大統領「日本政治家の歴史に反する言動遺憾」

記事一覧 2013.08.28 17:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は28日、在日本大韓民国民団(民団)代表団26人の表敬訪問を受けた席で、「日本の政治指導者らが歴史を正しく直視し、(韓国)国民の傷を癒やす勇気あるリーダーシップを示すことで、韓日関係が共生と協力の未来志向的な関係に発展することを願う」と述べた。青瓦台(大統領府)の金杏(キム・ヘン)報道官が伝えた。

 朴大統領は「一部日本の政治家の歴史に逆行する言動により韓日間の葛藤(かっとう)状況が続いていることを残念に思う」と述べた。

 日本の右翼団体の「反韓行動」にも触れ、「政府も日本政府に対しこの問題の深刻性を訴え、解決を促している。大多数の日本国民が反対する集会も展開しているので、解決されると期待している」と語った。

 また、在日同胞の日本での地方参政権取得は短期間で実現されるのは難しいとみられるが、政府は日本に対し立場の変化を持続的に促す方針だと説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。