Go to Contents Go to Navigation

韓国原子力安全委 日本に専門家派遣へ=汚染水漏れで

記事一覧 2013.08.29 14:10

【ソウル聯合ニュース】韓国原子力安全委員会は29日、東京電力福島第1原子力発電所の汚染水漏れの実態把握に向け、日本に専門家を駐在させる方針を明らかにした。

 同委員会の管轄下にある韓国原子力安全技術院の職員1人を派遣する。派遣期間は汚染水漏れが一段落するまで。同職員は福島の現場や日本の関係機関を定期的に訪問し、現地の事情を把握する業務を担当する。

 同委員会は2011年、福島第1原発事故が発生したときも専門家を長期派遣した。

 hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。