Go to Contents Go to Navigation

誘導弾高速艦10番艦 海軍に引き渡し=韓国 

記事一覧 2013.09.03 10:07

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は3日、誘導弾高速艦の10番艦「林炳来」を海軍に引き渡したと発表した。

 誘導弾高速艦は海軍の老朽化した高速艇に代わる艦艇で、沿岸や港湾の防衛、哨戒作戦などの任務に就く。艦対艦誘導弾や艦砲などを搭載している。

 林炳来艦は排水量450トン、全長63メートル、幅9.1メートル、速力40ノット。2010年9月にSTX造船海洋が建造に着手した。海軍の試験運転と国防技術品質院の品質保証を経て引き渡され、年末に実戦配備される予定。艦名は朝鮮戦争で仁川上陸作戦を成功させた軍人、林炳来(イム・ビョンレ)にちなむ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。