Go to Contents Go to Navigation

日本産スケトウダラの産地偽装 仁川市が飲食店摘発 

記事一覧 2013.09.03 15:59

【仁川聯合ニュース】韓国・仁川市の特別司法警察課は3日、日本産スケトウダラをロシア産と偽って販売した飲食店3店舗の関係者を農水産物の原産地表示に関する法律違反で立件したと明らかにした。

 東京電力福島第1原発から高濃度の汚染水が漏れた問題を受け、日本産の水産物に対する市民の関心が高まっていることから、同課はスケトウダラ専門の飲食店約30店舗に対する特別取り締まりを実施し、この3店舗を摘発。水産物の需要が増す秋夕(中秋節、今年は9月19日)を前に、日本産水産物の流通・販売業者や在来市場などに対しても捜査を拡大する計画だ。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。