Go to Contents Go to Navigation

朴大統領が国賓訪問 韓国がベトナムで「原発セールス」

記事一覧 2013.09.08 14:31

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は8日、ベトナム・ハノイ市内のホテルで韓国の原発を紹介するイベント「韓国原発産業ロードショー」を開始した。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領のベトナム国賓訪問にあわせたイベントで、9日まで。

 韓国政府は韓国原発の優秀性をアピールし、ベトナムに原発の未来を提示する。イベントに関連したセミナーでは原発人材の育成、機材の現地化などベトナムの原発産業発展に向けた両国の協力策を発表した。

 ベトナム政府は現在第3原発建設を政府間随意契約の形で推進している。韓国は6月にベトナムと原発産業の予備妥当性調査協約を締結し、有利なポジションを確保している。ベトナムの100万キロワット級原発2基の受注に期待を抱いている。

 来年末まで原発建設の敷地、安全性などを調査した後、ベトナム国会の承認を得られれば原発受注が実現する見通しだ。尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官は「調査や国会承認などの手続きが円滑に推進され、韓国がベトナムの第3原発建設を受注できることに期待する」と強調した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。