Go to Contents Go to Navigation

ベトナム訪問の朴大統領 トップセールス開始へ

記事一覧 2013.09.08 15:25

【ハノイ聯合ニュース】ベトナムを国賓訪問中の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は8日、経済協力懇談会を皮切りにトップセールスに乗り出す。

 大統領は同日午後にハノイ市内のホテルで開かれる経済協力懇談会に出席し、新興経済圏として注目されるベトナムとの経済協力強化の必要性を力説し、原発建設などを含む韓国企業の進出拡大に対するベトナム政府の協力を呼びかける方針。

 懇談会には韓国側から経済使節団79人と現地に進出した韓国企業家らが出席する。ベトナム側からは経済政策担当のホアン・チュン・ハイ副首相ら政府当局者20人余りが参加する。

 これに先立ち、朴大統領はハノイ市内で開かれるファッションショーにも参加し、グエン・ティ・ゾアン国家副主席と両国間の文化交流について意見を交わす。

 9日にはチュオン・タン・サン国家主席と首脳会談を行い、対北朝鮮政策の「朝鮮半島信頼プロセス」、非政治的分野から協力を重ねる地域の新たな枠組み「北東アジア平和協力構想」のほか、経済、地域・国際舞台での協力などについて協議する。

 10日にも韓国企業約1800社と現地韓国人7万人余りの拠点となっているホーチミン市を訪れ、韓国企業を視察するなど精力的に活動を続ける。

 大統領は11日に帰国の途に就く。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。