Go to Contents Go to Navigation

サムスン・LGディスプレー 特許訴訟を双方取り下げ

記事一覧 2013.09.23 19:30

【ソウル聯合ニュース】サムスンディスプレーとLGディスプレーが、それぞれを相手取り提訴した液晶パネル(LCD)および有機EL技術に関する特許侵害訴訟と特許無効審判を双方が取り下げることで合意したことが23日、分かった。

 LGディスプレーは昨年9月に有機EL関連技術の特許侵害の差し止めおよび損害賠償を求めサムスンディスプレーを提訴した。一方、サムスンは同12月に液晶パネルに関する特許侵害差し止めと損害賠償を求めLGを提訴した。

 さらに両社は昨年11月と今年11月に特許に対する無効審判をそれぞれ特許審判院に請求していた。

 今回の両社の合意は特許訴訟と特許無効審判を相互に取り下げて消耗戦を回避し、特許をめぐる協力策の検討に力を入れることで意見が一致したとされる。

 サムスンディスプレーの幹部は「両社が法的紛争を解消し、より建設的な方向で協力を進める契機になる。両社がグローバルな競争力を向上させ、ディスプレー産業発展に寄与できるだろう」とコメントした。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。