Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部報道官「反韓デモの主張は説得力ない」

記事一覧 2013.09.24 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は24日の定例会見で、日本で再び「反韓・嫌韓デモ」が行われていることに関し、「デモでの発言や主張は全く説得力がなく、正しい方法でもない」と述べた。デモの参加者にもこの点を伝えたいとした。

 韓国と日本が国連総会に合わせ米国で26日(日本時間27日午前)に外相会談を開くことについては、「われわれには譲歩できない分野がある。その問題はそれで処理する一方、協力できることは協力するというのが政府の立場」と説明した。

 また、韓国最大野党の民主党議員が、日本の団体の資料を分析して8月15日に靖国神社を参拝した日本の閣僚や国会議員のリストを公開したことに関し、「外交部もリストを作成したと知っている」とした上で、「(議員が公開したリストと外交部のリストの)差について話すことは困難だ」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。