Go to Contents Go to Navigation

韓国の9月IT関連輸出 151億ドル=半分が中国向け

記事一覧 2013.10.10 13:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の9月の情報通信技術(ICT)輸出額は、前年同月比7.5%増の151億1000万ドル(1兆4762億円)を記録した。今年5月(151億4000万ドル)に次いで2番目に多かった。未来創造科学部と産業通商資源部が10日、発表した。

 9月のICT貿易収支は、81億6000万ドルの黒字で、やはり5月(82億7000万ドル)に次ぐ高水準。両部は携帯電話、半導体、デジタルテレビが輸出好調をけん引したと説明した。

 今年1~9月の累積IT輸出額と収支は、それぞれ1248億8000万ドル、656億ドルの黒字で過去最高となった。前年同期比10.4%、17.4%それぞれ増加した。

 品目別では、携帯電話が22億3000万ドルで4カ月ぶりに20億ドル台となった。このうちスマートフォン(多機能携帯電話)は前月比20.5%増の10億4000万ドル。

 半導体は、半導体メモリーとシステムLSI(高密度集積回路)の輸出好調が追い風となり、月間ベースで過去最高の54億1000万ドルを達成した。半導体輸出は12カ月連続で増加した。

 デジタルテレビ輸出は前年同期比36.2%増の8億3000万ドル。スマートテレビなどの高付加価値製品が輸出を主導したとされる。

 世界的なパソコン市場の低迷でコンピューターや周辺機器の輸出は6カ月連続で減少した。同分野の先月の輸出は5億9000万ドルで前年同月比3.5%の減少となった。

 ICT輸出を地域別にみると、米国(14億ドル)、東南アジア諸国連合(ASEAN、20億1000万ドル)、中国(香港を含む、77億8000万ドル)。特に、中国への輸出は過去最高となり、全体の51.5%を占めた。

 ICT輸入は、前年同月比4.1%増の69億6000万ドル。半導体やコンピューター、携帯電話などは輸入が増加したが、フラットディスプレー、テレビの輸入は減少した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。