Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で労働教化刑の韓国系米国人 母親が面会へ

記事一覧 2013.10.11 14:55

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で拘束され、労働教化刑を言い渡された韓国系米国人、ケネス・ペ(韓国名:ペ・ジュンホ)氏の母親のペ・ミョンヒさんが10日午後、息子と面会するため平壌入りした。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」が11日に報じた。

 ペさんは空港で同紙のインタビューに対し、「自分で(訪朝を)申請した。幸いにも米国政府が許可してくれた。息子の健康状態が非常に悪化し、心配になって来た」と語った。また、北朝鮮には5日間滞在し、息子と面会する予定だと伝えた。

 北朝鮮が面会を許可した背景には、米朝対話の再開を模索する狙いがあるとみられる。中国で北朝鮮専門の旅行会社を経営していたケネス・ペさんは昨年11月、観光客の引率で北東部の咸鏡北道・羅津から北朝鮮入りし、警察当局に拘束された。今年4月、「反共和国敵対犯罪行為」を理由に15年の労働教化刑を言い渡され、特別教化所(刑務所)で収容生活を送ってきたが、健康を崩し8月に平壌の外国人専用病院に入院した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。