Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 イラクとエネルギー分野の協力協議

記事一覧 2013.10.15 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の尹相直(ユン・サンジク)長官は15日、来韓中のイラクのシャハリスタニ副首相(エネルギー担当)とソウル市内で会談し、両国の協力策について協議した。

 尹長官は会談で、イラク再建事業への韓国企業の参加拡大や、40億ドル(約3941億円)規模のズバイル油田地上設備事業をはじめアッカスガス田の送出配管構築など大規模なエネルギープラントプロジェクトの受注における支援を要請した。

 また両国の閣僚級運営委員会を来年上半期(1~6月)中にバグダッドで開催することを提案した。

 このほか、韓国石油公社とイラク石油販売公社が協議を進めているイラク産原油の韓国内備蓄事業の早期開始などについても協議した。

 イラクは2030年までにエネルギー分野に5043億ドルを投資する計画だ。再建事業には2017年までに3570億ドルが投入されると予想され、中東では最大規模になるとみられる。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。