Go to Contents Go to Navigation

駐日韓国大使「日本との関係発展に向け努力する」

記事一覧 2013.10.18 13:45

【東京聯合ニュース】李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使は18日、「韓日関係の安定的な発展には外交部や公館の役割が大きい。最善の外交努力を尽くす」と述べた。

 李大使は同日、東京の韓国大使館で開かれた国会外交統一委員会の国政監査で、最近の韓日関係が多少難しい状況にあるのは事実だとしながら、このように述べた。

 また、金元辰(キム・ウォンジン)政務公使は、安倍晋三内閣は韓国の隣国として重要だと強調しながらも、日本は慰安婦問題など歴史問題の解決に必要な誠意ある態度を見せていないと報告した。

 金公使は歴史認識問題には原則的な立場で対応するが、両国に必要な協力は継続して推進していくという基調に基づき、外交当局間の接触は維持していると説明した。

 安倍内閣が推進する集団的自衛権の行使容認については、連立与党の公明党が憲法解釈を変えることに慎重な姿勢を見せており、否定的な世論もあることから結論が出るまでには多少時間がかかると予想した。

  sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。