Go to Contents Go to Navigation

1億年前の恐竜足跡化石 韓国南東部・蔚山で発見

記事一覧 2013.10.29 15:05

【ソウル聯合ニュース】国立文化財研究所は29日、韓国南東部の蔚山にある盤亀台岩刻画近くで白亜紀(約1億年前)の草食恐竜の足跡化石が見つかったと明らかにした。

 研究所は岩刻画の保護プロジェクトに関連し8月30日に着手した岩刻画周辺の発掘調査で岩刻画の東北側25~30メートル、川底岩面(海抜48~49メートル)に分布する恐竜の足跡化石25個を確認したという。

 足跡の形から類推して、草食恐竜の竜脚類か鳥脚類の5匹以上の恐竜が残した足跡とみられると研究所は説明した。

 蔚山地域でこれまで恐竜の足跡化石が発見された場所は計16カ所。

 文化財庁は今後発掘調査が進められ次第、文化財委員会の審議などを通じて恐竜の足跡化石の保存策を講じる予定だ。

  namsh@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。