Go to Contents Go to Navigation

慰安婦テーマの演劇「鳳仙花」 ソウル市劇団が上演へ

記事一覧 2013.11.05 15:32

【ソウル聯合ニュース】ソウル市劇団は5日、旧日本軍の慰安婦問題がテーマの演劇「鳳仙花」を15日から同市の世宗文化会館で上演すると発表した。

 原作は1982年に出版された作家の尹静慕(ユン・ジョンモ)氏の小説「母・従軍慰安婦 かあさんは『朝鮮ピー』と呼ばれた」。同作は1991年に映画化もされている。

 慰安婦問題をテーマにドキュメンタリーの制作を進める中で過去の事実を知った大学院生スナと、慰安婦として連れて行かれたスナの祖母、それによって心に傷を負ったスナの父親をめぐるストーリーだ。

 公演は12月1日まで。平日は午後8時、土曜は午後3時と7時、日曜は午後3時に上演される。チケットは2万~3万ウォン(1850~2780円)。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。