Go to Contents Go to Navigation

韓国の李相花 世界新で優勝=スピードW杯

記事一覧 2013.11.10 09:37

【ソウル聯合ニュース】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は9日(現地時間)、カナダ・カルガリーで行われ、女子500メートルで韓国の李相花(イ・サンファ)が自身の持つ世界記録を0秒06更新する36秒74で開幕2連勝を挙げた。

 李は今年1月のW杯で36秒80の世界新をマーク。10カ月ぶりに記録を更新した。

 前日行われた第1戦でも36秒91で優勝。W杯ポイントを200とし、160のジェニー・ウォルフ(ドイツ)を抑えトップを走っている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。