Go to Contents Go to Navigation

ソウル・明洞の賃貸料 世界で9番目に高い=銀座5位

記事一覧 2013.11.13 14:20

【ソウル聯合ニュース】ソウル・明洞が昨年に続き今年も世界で9番目に賃貸料が高い商圏となった。

 世界的不動産サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)が13日に発表した賃貸料調査の結果で分かった。同社がこの1年間に64カ国・地域の繁華街334カ所の賃貸料を調査したところ、明洞は1平方メートル当たり月平均賃貸料が75万60ウォン(6万9500円)で、前年より6.4%上昇し世界で9番目に高かった。

 香港の銅鑼湾(コーズウエーベイ)が同309万ウォンで2年連続1位、2位は米ニューヨークの5番街だった。東京の銀座通りは100万ウォンとなり、前回の4位から5位に下がった。

 ソウルで明洞に次ぐ商圏とされる江南駅周辺は64万6568ウォンで昨年より6.4%上昇した。また、ソウル・新沙洞街路樹通りは15.4%上昇の29万2943ウォンだった。

 C&Wの韓国支社は2008年から高まったSPA(製造小売り)ブランド人気が収まり、それまで上昇を続けていた商圏の賃貸料が適正水準に落ち着く可能性が高いと説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。