Go to Contents Go to Navigation

韓中FTA第8回交渉18日から 関税撤廃交渉を本格化

記事一覧 2013.11.14 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓中自由貿易協定(FTA)の第8回交渉が、18~22日にソウル近郊の仁川市で開催される。韓国産業通商資源部が14日に発表した。

 両国は前回まで7回にわたる第1段階交渉で、貿易品目の90%、輸入額の85%で関税をなくす方針で暫定的に合意した。第2段階の初回交渉となる今交渉では、対象品目を本格的に協議する。10年以内に関税を撤廃する品目、10~20年以内に撤廃する品目、20年以上撤廃を先送りする品目に分類したリストを交換し、意見を交わす計画だ。

 韓国の交渉関係者は「第8回交渉で目立った結果が出ることはないだろうが、これを機に交渉に弾みがつくだろう」と話している。

 韓中は1992年の国交樹立後、経済協力を拡大し続け、昨年の貿易規模は2000億ドル(約19兆5000億円)を超えた。それだけFTA締結が強く求められている。両国は2004年にFTAに関する民間共同研究に着手、2010年に政府間の事前実務協議が始まり、昨年5月から本交渉が本格化した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。