Go to Contents Go to Navigation

韓国 訓練機や攻撃機のボツワナ輸出を推進

記事一覧 2013.11.18 14:26

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は18日、アフリカ・ボツワナに国防協力団を派遣し、高等訓練機T50と軽攻撃機FA50の輸出可能性を打診すると発表した。

 防衛事業庁や空軍関係者など8人の国防協力団は今月23日から28日にかけてボツワナを訪問。防衛産業分野の協力策を議論するとともに、韓国の技術で開発したT50とFA50輸出のためのプレゼンテーションを行う予定だ。

 国防部の関係者によると、「(予想購入数)16機のうち、1次分8機の購入を(ボツワナ側が)希望している」と述べた。

 ボツワナは1996年にカナダに注文した中古改良型CF5A/Dを14台運用中だが、老巧化したため代替戦闘機の導入を検討しているとされる。

 また、タイもT50とFA50のメーカーである韓国航空宇宙産業(KAI)と交渉している。ほかに防衛事業庁はフィリピンとFA50(12機、4億500万ドル=450億円規模)の輸出をめぐり交渉を進めている。

namsh@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。