Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「日本は帝国主義時代の過ち反省を」

記事一覧 2013.11.19 16:30

【ソウル聯合ニュース】韓国国家記録院が19日、3・1独立運動(1919年)と関東大震災(1923年)の際に殺害された韓国人犠牲者の名簿と日本統治時代の被徴用(徴兵)者名簿を公開したことを受け、韓国政府が日本に「過去の過ちの反省」を遠回しに促した。

 外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は同日の会見で、犠牲者名簿の公開が韓日関係に与える影響を問われると、「資料により、日本がかつて帝国主義の時代にいかに悪いことをしたのかがあらためて明らかになった。日本はこの点をきちんと認識すべきだ」と指摘した。

 また、名簿の内容が事実と判明した場合、日本に追加で賠償を求めるかどうかについては、名簿の内容に対する分析を踏まえて検討する考えを示した。

 これらの名簿は1953年に韓国政府が全国的な調査を行い作成したもの。今年6月、東京の韓国大使館の新築・移転作業中に見つかり、7月に外交部に送られ、国家記録院が分析を進めていた。

 3・1独立運動の犠牲者名簿(1冊)には630人、関東大震災の犠牲者名簿(1冊)には290人、日本統治時代の被徴用(徴兵)者名簿(65冊)には22万9781人の個人情報が記されている。 

 韓国政府は1965年の韓日請求権協定に基づき、戦時の徴用・徴兵に対する賠償が含まれた協力資金を日本側から受け取ったが、3・1独立運動と関東大震災の犠牲者に対する賠償は協定に含まれていない。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。