Go to Contents Go to Navigation

韓国 ペルーに練習機KT1の共同生産基地整備

記事一覧 2013.11.20 10:40

【リマ聯合ニュース】韓国の技術で開発された初等練習機KT1をペルーと共同生産するための基地が整備された。

 ペルーの韓国大使館と韓国航空宇宙産業(KAI)、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は19日(現地時間)、ペルーの首都リマの空軍部隊でカテリアノ国防相が出席する中、共同生産基地の竣工式を行った。

 韓国国防科学研究所(ADD)とKAIが独自開発した韓国製練習機KT1の初の中南米輸出は、同地域への航空機輸出の足がかりを構築したと評価されている。

 両国は20機分に当たる2億ドル(約200億円)規模の契約を交わした。このうち16機の生産を来年3月からリマで始め、2015年8月に1号機を納品する。

 残り4機は韓国で生産し来年11月から引き渡す。

 カテリアノ国防相は「韓国とは包括的戦略パートナーとして技術移転などを通じ、共に第三国に進出できることを願う」と述べた。

 河成竜(ハ・ソンヨン)KAI社長は「ペルーの共同生産基地はKT1を中南米のほかの国に輸出する際の拠点になるだろう」と話した。

 KT1は全長10.26メートル、幅10.59メートル、高さ3.68メートルで、最高時速574キロ。

 KAIは韓国大使館やKOTRA、防衛産業庁と協力し昨年12月にペルー空軍の訓練機交代事業を受注した。

 契約直前までブラジル企業と激しい受注競争を繰り広げたが、韓国側がペルー政府に共同生産と技術移転を提案し受注に成功した。

 東南アジアや欧州には既に輸出されており、今回のペルー進出は韓国の航空機輸出市場が多角化する可能性を一段と高めた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。