Go to Contents Go to Navigation

韓日プロ野球OBが再激突 韓国・仁川で30日

記事一覧 2013.11.22 13:59

【ソウル聯合ニュース】韓日の元プロ野球スター選手が昨年に続き今年も対戦する。

 韓国プロ野球引退選手協会は22日、仁川の文鶴球場で今月30日午後2時から「2013 韓日プロ野球レジェンドスーパーゲーム」を開催すると発表した。

 昨年7月にソウルで行われた「韓日プロ野球レジェンドマッチ」に続き2回目の対決となる。

 日本の中日でも活躍した起亜の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督と、日本プロ野球で12年、米大リーグで4年、「大魔神」の異名で抑え投手として活躍した佐々木主浩がそれぞれ監督を務める。

 サムスンの柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督、ハンファのコーチである宋津宇(ソン・ジンウ)ら、現役時代に活躍したスターが選手として出場する。

 日本からは、巨人の元エース桑田真澄や現在、野球日本代表監督を務める小久保裕紀、一時期韓国でも活躍した高津臣吾らがメンバーに名を連ねた。

 試合で使用した用具などは全てチャリティーオークションにかけ、収益金を慈善団体などに寄付する計画だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。