Go to Contents Go to Navigation

韓国プロ野球・斗山 新監督に在日韓国人の石山一秀氏

記事一覧 2013.11.28 16:12

【ソウル聯合ニュース】2014年シーズンを前に大々的なチーム再建を進めている韓国プロ野球の斗山が、監督を交代した。

 斗山は27日、在日韓国人の石山一秀(韓国名:宋一秀<ソン・イルス>)2軍監督を第9代監督に選任したと発表した。契約期間は3年。

 昨年から斗山を率いてきた金鎮旭(キム・ジンウク)監督は2年連続でチームをポストシーズンに進出させたものの、それ以上の指導力を望む球団側の期待に応えられず、契約期間を1年残して解任された。

 石山氏は京都の平安高校を卒業後、1969年に近鉄(オリックスの前身)でプロ生活を始め、83年まで捕手として活躍した。翌年にサムスンに入団、3年にわたり韓国で選手生活を送った後に現役を引退した。引退後は日本でコーチやスカウトなどを務め、今年斗山の2軍監督に就任した。

 斗山は石山氏について「原則と基本テクニックを重視しながらも、試合中の状況対処能力が優れており、創意的で攻撃的な野球を駆使する」と評価している。

 石山氏は監督に抜擢されたことについて、「全く想像していなかったため驚いた。ファンへの一番のプレゼントは格好良く勝つ野球を見せること。私の全ての情熱と能力を注ぎ込みたい」と意欲を語った。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。