Go to Contents Go to Navigation

IT活用しスポーツ産業育成へ 5年で雇用4万人=韓国

記事一覧 2013.12.02 14:12

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は2日、スポーツ産業を育成し5年間で新規雇用4万人分を創出する「スポーツ産業中長期発展計画」を発表した。

 国内のスポーツ産業に先端IT(情報技術)や科学技術を融合し、来年から2018年までに関連産業を現在の37兆ウォン(3兆5793億円)から53兆ウォン規模に拡大。雇用を23万人から27万人に増やすことを目指す。

 「スポーツ産業の融・複合化を通じた未来の成長動力創出」というビジョンの下、▼融・複合型の未来のスポーツ市場創出▼スポーツ参加と観戦促進による潜在需要の拡大▼スポーツ産業をリードする企業の育成――などの推進戦略を掲げた。

 韓国のスポーツ産業は年平均11.9%の成長を続けているが、海外のスポーツ関連企業が韓国市場の70%以上を占めている。このため韓国のITインフラと関連企業のノウハウをスポーツ分野に導入し新たな市場を開拓する計画だ。

 具体的にはスマートフォン(多機能携帯電話)やタブレット端末などIT機器を活用し、運動内容やカロリー消費量などの情報管理や多様な情報の共有ができる開放型スポーツ情報プラットホームを構築する。18年までに有望企業を毎年20社発掘し育成することも盛り込まれた。

 また、雇用支援センターを運営し、未来の市場の需要に柔軟に対応できる専門人材を育成する計画だ。

 文化体育観光部は総額2740億ウォンの予算が必要と試算している。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。