Go to Contents Go to Navigation

自衛権行使した朝鮮半島介入は難しい=前日本防衛相

記事一覧 2013.12.06 06:00

【ソウル聯合ニュース】日本の前防衛相の森本敏・拓殖大特任教授が3日、日本外務省の招きで東京を訪問した韓国の記者団に対し、日本が集団的自衛権を行使して朝鮮半島に介入するとは国際法的にも形式的にも考えにくいとの見解を示していたことが分かった。

 集団的自衛権は日本と緊密な関係にある国が武力攻撃され、日本に支援を要請するという二つの要件がそろわなければならないとした。万一、北朝鮮が韓国に何らかのテロを加えたとして、これを国際法上の武力攻撃と見なせるか疑問で、自衛権行使の要件は満たしていないと話した。

 また、支援要請がない場合の自衛権行使はありえず、韓国の要請なしに日本が支援することを集団的自衛権行使と見なすことはできないとした。

 一方、独島に対し日米安全保障条約はどう対応するか見解を問うと、「竹島は日本の領土」とした上で、ほかの国から攻撃を受ける場合、日本は韓国と何の約束もしておらず、自衛隊は警戒監視活動をしていないため、在日米軍が関与するとは考えにくいとだけ答えた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。