Go to Contents Go to Navigation

張成沢氏失脚「海外食堂事業の不正が原因」=韓国議員

記事一覧 2013.12.11 20:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)国会議員は11日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父で実力者だった張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長の失脚の原因について、張氏側近の張秀吉(チャン・スギル)朝鮮労働党行政部副部長の不正を挙げた。国会議員会館で開かれた福祉国家進歩政治連帯の討論会で述べた。

 洪議員は張副部長が所属していた行政部54局が越権行為や内閣の指示を無視したことなどで数回にわたり警告を受けたとされると指摘。54局で張副部長が主導した海外での食堂事業に関する不正が失脚の原因だと説明し、「組織的不正が広範囲で行われ、それに対する全面的な捜査が張成沢にまで及んだようだ」と述べた。

 洪議員はまた、北朝鮮と中国が今月8日に新義州―平壌―開城を結ぶ高速鉄道と往復8車線の高速道路の建設事業を共同で進めることで合意した内容を盛り込んだ合意文も公開した。同日は「中国通」として知られる張成沢氏が逮捕された日に当たる。

 これについて洪議員は「北朝鮮の最近の対外開放や対中国事業は張成沢氏単独で行ったものではなく指導部で決定したことであるため、張氏の去就と関係なくそのまま推進されるというシグナル」と説明した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。