Go to Contents Go to Navigation

落ちぶれた北朝鮮ナンバー2 最後の姿に殴打の痕跡

記事一覧 2013.12.13 15:40
処刑前の張氏 顔に殴打痕

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父で実質ナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)前国防副委員長の最後の姿は、あまりにも惨めなものだった。

張成沢氏の死刑執行

 特別軍事裁判の被告人席で両手首に手錠のようなものをはめられ、国家安全保衛部(秘密警察)要員とみられる2人に首や腕をつかまれたまま立っている張氏の姿は、北朝鮮の中枢にいた人物とは思えないほどだ。

張成沢氏死刑

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」が13日に公開した法廷の写真を見ると、張氏は普段と同じように紺色の人民服姿で黒い色が入った眼鏡をかけているが、金第1書記に随行して公開活動をしていたころと比べると、髪も薄くなり明らかにやつれた様子だ。

処刑直前の張成沢氏

 腰を若干折り曲げうつむいて目を閉じた姿は、全てを諦めただ処刑されるのを待っているかのようだ。左の上まぶたがはれ上がり、あざができているように見えるのは、取り調べの際に殴られたせいとも考えられる。口元と手の甲にも殴られた跡のようなものが見える。

逮捕の瞬間

 張氏の向かい側には死刑を言い渡した裁判官3人が北朝鮮国旗をバックに厳しい表情で座っている。3人の前には書記官1人が座り裁判内容を記録している。

逮捕される張成沢氏

 北朝鮮で40年余りにわたって実力者として君臨した張氏は、落ちぶれた姿となって刑場の露と消えた。

 張氏は金日成総合大在学中から交際していた故金日成(キム・イルソン)主席の長女で現党書記の金慶喜(キム・ギョンヒ)氏と1972年に結婚。最高指導者の一族に名を連ねた張氏は、朝鮮労働党で出世街道を突き進み青年事業部長や組織指導部第1副部長などの要職を歴任した。

 金正日(キム・ジョンイル)政権下の2004年には「分派行為」を理由に職務停止処罰を受けたが、2年後にナンバー2の座に返り咲いた。

 金正恩体制に移行してからは国防副委員長、党行政部長、朝鮮人民軍大将など花形ポストに就き、金第1書記の「後見人」としての役割を果たしてきた。

 だが、おいの金第1書記によって「国家転覆陰謀罪」に追い込まれ、今月8日に全ての役職から解任された上に党からも除名された。それから4日後の処刑となった。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。