Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党 日本の「国家安保戦略」に抗議=右傾化懸念

記事一覧 2013.12.18 13:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党は18日、日本の「国家安全保障戦略」に独島を「紛争地域」とし平和的解決に向け外交努力をするとの内容が盛り込まれたことについて一斉に批判し、韓国政府に断固とした対応を取るよう求めた。

 与党セヌリ党の閔ヒョン珠(ミン・ヒョンジュ)報道官は報道資料を通じ「領土への誤った野心と道理に外れた主張を明文化しながら、どうして韓国と未来志向的な関係が可能だと考えられるのか。日本政府の外交認識が非常に遺憾だ」と強調。韓国政府に対し関連内容が国家安全保障戦略から即刻削除されるよう最善を尽くすことを求めた。

 最大野党民主党の朴用鎮(パク・ヨンジン)報道官は記者会見で「国家安全保障戦略に盛り込まれた積極的平和主義とは実際には戦争を行える権利を主張するものだ」として遺憾を表明。日本の右傾化の動きに対する中長期的な対策を用意するよう韓国政府に求めた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。