Go to Contents Go to Navigation

サムスン会長「もう一度変化を」 仕事始め式で革新を強調

記事一覧 2014.01.02 11:00

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長は2日、ソウル市内で開かれたグループの仕事始め式に映像メッセージを送り、「(サムスンが)リードする事業は絶えず追われる一方、不振事業は時間がない。もう一度、変わらなければならない」と話し、革新に向けた取り組みを呼びかけた。その上で、「この20年間、量から質へと大転換を成し遂げたように、これからは質を超え、製品・サービス・事業の品格と価値を高めていくべきだ」と強調した。

 仕事始め式は韓国語や中国語、日本語、英語の4カ国語で世界各国の事業場に中継された。

 李会長は「世界1位になった事業もあり、足踏み状態の事業もある。5年前、10年前のビジネスモデルと戦略、ハードウエア的なプロセスと文化は大胆に捨てよう」と述べた。また、「不確実性の中で変化の主導権を握るためには、市場と技術の限界を突破しなければならない。産業の流れをリードする事業構造の革新、不確実な未来に備える技術革新、グローバル経営体制を完成するシステム革新を進めなければならない」と訴えた。

 また、昨年はグローバル企業と死活をかけた特許訴訟を繰り広げたと振り返り、「不況の時こそチャンスは多い。中心事業は誰も追いつけない競争力を確保し、産業・技術の融合・複合化で新事業を開拓すべきだ」と求めた。

 李会長は社員に対し、「自由な想像」と「思い切った挑戦」を強調。世界各地の拠点を有機的なシステムにし、研究開発センターを「24時間ノンストップの頭脳」として活用するよう促した。

 協力企業については、「大切なパートナー」とした上で、「すべての協力企業が世界的な競争力を持てるよう、技術開発と生産性向上を手助けしなければならない」と語った。

 昨年、サムスン電子の工場などで事故が相次いだことに関しては、「サムスンの事業場は最も安全で快適なところでなければならない」として、安全に万全を期するよう指示した。また、社会貢献をさらに拡大する方針を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。