Go to Contents Go to Navigation

韓国が独自戦闘機を本格開発 23年の戦力化目指す

記事一覧 2014.01.05 10:03

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局が2023年の戦力化を目指し、韓国型戦闘機(KF-X)の本格開発に乗り出す。

 軍高官は5日、「韓国型戦闘機120機余りを独自に開発する事業が今年から本格化する。2023年に初号機の量産に入り、7~8年をかけ戦力化を完了するのが目標」と述べた。

 今年の国防予算には同事業の初期費用として、200億ウォン(約19億8400万円)が反映された。事業で開発する戦闘機の制空戦闘能力はハイ、ミドル、ローのうち、ミドルクラス。当初、2020~2027年を予定していたが、事業の妥当性を検討する過程で3年遅れることになった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。