Go to Contents Go to Navigation

韓国古書をデジタル化 高麗大と中之島図書館が協定

記事一覧 2014.01.23 10:16

【ソウル聯合ニュース】韓国・高麗大の海外韓国学資料センターは23日、大阪府立中之島図書館と研究協定を結んだと明らかにした。図書館が所蔵している韓国の古典籍を調査し、デジタル化する作業を行う計画だという。

 同図書館が所蔵している韓国の古書は1021種・5306冊。18~19世紀に刊行されたか、筆写されたもので、保存状態は良いという。韓国統監府・修学院の名誉教授を務めた佐藤六石が収集し、日本に持ち込んだのが大多数だ。

 センターの関係者は今回のデジタル化作業について、「国内にない資料を閲覧するために現地を訪れる手間を省け、海外にある古書の価値を伝えられる」と期待を寄せた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。