Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 昨年は営業益と売上高が過去最高

記事一覧 2014.01.24 10:17

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子が24日発表した2013年10~12月期連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は8兆3113億ウォン(約8000億円)で前年同期比6.0%減少した。しかし、通年では過去最高だった前年から26.6%増え36兆7850億ウォンと、記録を更新した。

 売上高は10~12月期が前年同期比5.7%増の59兆2766億ウォン、通年は前年比13.7%増の228兆6927億ウォンで過去最高を記録した。

 サムスン電子は10~12月期の決算について、ウォン高や米国の量的緩和縮小に対する懸念などの不安材料がある中、「サムスン新経営20周年激励金」費用の発生と為替のマイナス影響のために振るわなかったと説明した。

 事業部門別にみると、DS(部品)部門が半導体メモリー市況の好調により業績を伸ばした一方、DP(ディスプレーパネル)部門はセット事業のパネルの在庫調整に伴う有機ELパネルの販売減やテレビ向けパネル価格の下落などが響いた。CE(消費者家電)部門は繁忙期を迎えテレビ販売が好調となり、業績が改善した。IM(IT無線)部門は年末の在庫調整と季節的なマーケティング費用増加がマイナス要因となった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。