Go to Contents Go to Navigation

サムスンとKT LTE基盤の高画質映像サービス商用化

記事一覧 2014.01.26 11:48

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子と通信大手KTは26日、既存のデジタルマルチメディア放送(DMB)に比べ10倍の高画質(ハイビジョン級)を楽しめる高速無線通信「LTE」基盤の映像サービスを世界に先駆けて商用化したと明らかにした。

 LTE基盤のeMBMS(evolved Multimedia Broadcast and Multimedia Service)技術はKTを通じてサービスが提供される。

 これまでは、同じ基地局にアクセスしたユーザー100人に放送番組を配信するためには同じデータを100回送信しなければならなかったが同技術を利用すればラジオのようにデータ送信が1回で済むため、大規模なコンサートやスポーツ競技などの生中継を行う地域ではネットワークの効率性を高めることができる。

 サムスン電子とKTは昨年2月にスペイン・バルセロナで開催された携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、同技術を披露したほか、商用化に向けて協力を続けてきた。サムスンは端末にeMBMS機能を搭載する一方、関連ソリューションを供給し、KTはサービスプラットフォームや応用プログラム(アプリケーション)を開発した。

 同サービスは韓国で発売されたスマートフォン(多機能携帯電話)のうちサムスンの「ギャラクシーノート3」のユーザーのみが利用できる。ソウル市内の一部地域でサービスを開始し、4月以降は段階的に利用可能な端末と地域を拡大していく計画だ。

 両社は同サービスの商用化拡大と世界市場進出に向けて共同マーケティングも展開する方針だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。