Go to Contents Go to Navigation

慶尚南道でも鳥インフル感染の疑い=出荷前検査実施へ

記事一覧 2014.01.29 14:06

【世宗聯合ニュース】韓国南西部・全羅北道の高敞郡で鳥インフルエンザが発生して以降、初めて南東部の慶尚南道で鳥インフルエンザ感染の疑いが報告された。

 韓国農林畜産食品部は29日、政府世宗庁舎で記者会見を行い、慶尚南道密陽市で鳥インフルエンザに感染した疑いがあるとの報告を受け、該当する農場でサンプルを採取して感染の有無を調べる計画であると明らかにした。

 また、今月27日に感染の疑いが報告された北西部、忠清北道鎮川郡のカモ農場で採取したサンプルから鳥インフルエンザウイルスが検出され、同地域にも感染が拡大したことが確認された。

 これを受け、同部はニワトリやカモを農場から出荷する前に臨床検査を行い、異常がない場合のみ出荷する「出荷前事前臨床検査制度」を施行すると発表した。

 29日午前現在、韓国で鳥インフルエンザ感染が確認された農場は28カ所。ニワトリ145万1000羽、カモ68万8000羽が殺処分された。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。