Go to Contents Go to Navigation

韓国野党代表 政界・市民による「統一時代準備委」提案

記事一覧 2014.02.05 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党・民主党の金ハンギル代表は5日、「政権が交代しても変わることない朝鮮半島平和統一政策をまとめるために、超党派、国レベルの公論の場が必要」としながら、与野党と市民社会が参加する「統一時代準備委員会」の設置を提言した。国会の交渉団体代表演説で述べた。

 金代表は「統一時代準備委員会は国民の合意に基盤を置き、国民統合的な統一政策を準備することになる」と説明した。また、南北間の反目と誤解を解くため、野党として積極的に役割を果たすと強調した。

 南北統一が韓国だけでなく北東アジア全体の成長に弾みをつけるという朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の発言については、肯定的に評価する一方で、一貫した和解協力や関係改善の努力と過程を経なければ、かえって誤解を招きかねないと指摘した。

 また、民主党は吸収統一に反対すると発言。その理由として韓国社会が持ち堪えられない混乱や費用が生じかねないことを理由に挙げた。その上で、「民主党は堅固な安保を基盤に、対北朝鮮『包容政策』を通じた平和的かつ漸進的な統一を目指す」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。