Go to Contents Go to Navigation

韓国に不況の足音 ロッテなど百貨店の売上高が初減少

記事一覧 2014.02.07 16:51

【ソウル聯合ニュース】不況により消費者心理が悪化する中、韓国のロッテ百貨店と新世界百貨店の昨年の売上高が初めて減少したことが7日、分かった。

ロッテ百貨店によると、アウトレット10店舗を含む韓国内42の店舗における昨年の純売上高は8兆5650億ウォン(約8142億円)で、前年の8兆6430億ウォンより0.9%減少した。

ロッテ百貨店は2008年の世界金融危機の余波を受けた2009年に前年比8.7%、2010年に12.6%と売上高を伸ばしたが、家計債務(個人負債)残高の増加などにより実体経済が冷え込み、2011年は10.5%、2012年が4.1%と成長の勢いが鈍化した。

新世界百貨店も不況の余波ですべての店舗(光州店を除く)における昨年の韓国内の総売上高が4兆1530億ウォンとなり、前年比0.6%減少した。

ロッテ百貨店関係者は「昨年アウトレット事業を拡大したが、会計上の差により、総売上高は増加したが、純売上高は減少した」と明らかにした。

だが現代百貨店は昨年の売上高が3%増加した。同百貨店の関係者は「他のデパートに比べて顧客層の所得水準が高く、不況の影響が少ない。貿易センター店を建て増ししたことも売り上げ増加に寄与した」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。