Go to Contents Go to Navigation

LTE標準特許競争 LGとサムスンが1、2位

記事一覧 2014.02.10 14:14

【ソウル聯合ニュース】米国の知的財産権コンサルティング専門機関、テックIPmは10日、米国特許商標庁(USPTO)と欧州特許庁(EPO)に登録された1月31日現在の高速無線通信「LTE」関連特許のうち必須標準特許の暫定的候補を集計した結果、LG電子が出願した特許が全体の23%で最も多かったと発表した。

 サムスン電子が18%で2位となり、韓国企業2社がLTE必須標準特許の世界競争で先頭に立っていることが分かった。3位以下はクアルコム(9%)、ノキアソリューションズ&ネットワークス(9%)、モトローラ(8%)、エリクソン(6%)などの順。

 LG電子は2011年、米投資銀行のジェフリーズ・アンド・カンパニーが分析した特許価値のランキングでも1位を記録したほか、2012年と昨年もテックIPmが集計したLTE特許と次世代通信方式「LTE-Advanced」に関連した特許のランキングで首位に立った。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。