Go to Contents Go to Navigation

首脳会談開催を呼びかけ 来韓の村山元首相が会見

記事一覧 2014.02.12 17:02

【ソウル聯合ニュース】来韓中の村山富市元首相は12日、韓国国会内で記者会見し、ぎくしゃくしている韓日関係の改善を求めた。村山氏は「忌憚(きたん)のない意見交換を行えば、それぞれの真意を伝えられる」とし、首脳会談開催による対話継続の必要性を説いた。 

 村山内閣の時に発足し、日本が元慰安婦に償い金を支給した「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」をめぐり大多数の韓国人元慰安婦が受け取りを拒否したことに関しては、「どこで行き違いがあったか分からない。その真意はご理解いただきたい。国が補償すべきとの言い分を否定するものでは決してない」と説明。「(元慰安婦の皆さんは)高齢なので先を考えると長くない。できれば生前に補償し、名誉を回復してもらいたかった」と振り返った。

 村山氏は安倍政権で日本の過去の植民地支配と侵略を謝罪した「村山談話」を否定するような発言が出ていることについて、「第2次安倍内閣になって最終的には継承すると国会でも言明した」として、「日本の総理大臣が村山談話を継承するとしたのは国内だけでなく、韓国、中国、世界に向けて発信した発言だ」と強調した。

 また、「最近は戦争を知らない層が多い」と指摘。「アジアの皆さんに迷惑と損害を与えたことを知ってもらうことが大切だ。日本国民も命を失っていった悲惨な経験をした。正しい方向で状況をつくっていくことが大事だと思う」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。