Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で口蹄疫拡大 韓国が消毒薬・ワクチンの支援提案

記事一覧 2014.02.24 14:40

【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局者は24日、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が拡大している北朝鮮に消毒薬やワクチンなどを支援する方針を明らかにした。北朝鮮に対し、支援に向けた実務接触の開催を提案したという。

 同当局者は「口蹄疫拡大の阻止を支援するため速やかに対応する必要があり、今朝、北朝鮮に支援意思を伝え、実務接触を提案した」と説明。「北朝鮮の反応を見極めながら必要な措置を取る」と述べた。北朝鮮が同意する場合、消毒薬やワクチンなどを支援する計画という。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は口蹄疫が平壌市内の養豚場で最初に確認され、約3200頭の豚が感染したと報じた。北朝鮮で口蹄疫が発生するのは2011年4月以降、約3年ぶり。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。