Go to Contents Go to Navigation

韓国SUVが海外でも人気 「スポーテージ」3百万台超

記事一覧 2014.02.25 06:15

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車メーカーが作ったスポーツタイプ多目的車(SUV)が国内だけでなく海外市場でも販売実績をけん引している。

 業界によると、韓国自動車メーカーによる先月の乗用車生産台数33万6113台のうち、SUVは11万7181台で、その割合が31.8%に達した。小型車の割合(32.0%)よりはやや低いが、中型車(8.5%)や大型車(5.8%)より高い。

 先月の韓国内市場におけるSUVの販売割合(30.0%)と生産台数におけるSUVの割合を勘案すれば、輸出全体でもSUVは30%を上回る割合を記録したと分析される。

 1月は旧正月(今年は1月31日)の連休のため勤務日数が減り、輸出台数が前年同月比で9.9%減少したが、SUVの輸出台数は1.8%増加した。

 RV(多目的レジャー車)の需要が急増している韓国市場に劣らず、海外でも韓国製SUVの販売が弾みをつけているといえる。これまでは輸出車といえば、中・小型セダンを思い浮かべることが多かったが、今はSUVが稼ぎ頭になりつつある。

 このような成長の勢いにのり、世界販売台数300万台を突破したSUVがまた生まれた。起亜自動車の「スポーテージ」だ。

 1993年7月に発売されて以来、先月までに国内外での累計販売台数が298万台を超え、今月の販売台数を合わせれば300万台を突破したと推算される。

 300万台の大台に乗ったモデルは現代自動車の「ソナタ」や「アバンテ」などセダンが大部分で、SUVとしては同じく現代の「サンタフェ」などが記録を持っている。

 韓国製SUVの強みは都心とオフロードを共に乗ることができる商品性と洗練されたデザインだ。

 「スポーテージ」は2010年に米国の中古車専門評価会社ALG(Automotive Lease Guide)が発表した「3年後残存価値」の評価で全車種のうち1位となるなど、数々の賞を受賞し、米国でも評価されている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。