Go to Contents Go to Navigation

トヨタ「プリウス」など1万2千台超リコール=韓国

記事一覧 2014.02.25 06:00

【ソウル聯合ニュース】トヨタ自動車が「カムリ」や「プリウス」など乗用車7車種の1万2579台を対象に25日からリコール(回収・無償修理)を実施する。

 韓国の国土交通部によると、トヨタのカムリ(3260台)、カムリハイブリッド(920台)、アバロン(150台)など6車種で座席に埋め込まれた電熱線を覆う素材が燃えやすい欠陥が見つかった。リコール対象車種は2012年11月から1月までトヨタの米国工場で製造され、韓国で販売された。

 同部は自動車メーカーが販売した車両が安全基準に適合しているかを確認するために毎年行われる調査で欠陥を確認した。

 これと別に2009年2月から今月5日までトヨタの日本工場で製造され、韓国で販売された「プリウス」7347台ではハイブリッドシステムの制御プログラムの欠陥により、走行速度が落ちたり車両が止まったりする可能性がある問題点が発見された。

 リコール対象車種の所有者はトヨタサービスセンターで無償で修理を受けることができる。リコール前に欠陥内容を自費で修理した場合は同社に修理費を請求できる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。